Category

台湾茶 1/1

蟬蜒禪言茶館 (2)

高雄の茶芸館「蟬蜒禪言茶館」を再訪しました。先日中国から戻ったばかりのオーナーが、福建省産の珍しい鳥龍茶をごちそうしてくれました。とても深い味わいのお茶なので、参考までに値段を伺ったところ、台湾産の10倍でした。 ・・・ 参考にはなりましたが、買えませんでした!(笑) ということで、福建省のお茶を購入できなかった私は、台湾産の鳥龍茶(阿里山)と紅茶(頂極紅茶)を購入しました。 ここを訪れた時はいつ...

  •  1
  •  -

台湾茶器

台湾には、お茶を独自の作法でいただく茶藝文化が根付いていますが、この茶藝で使用する茶器も魅力的です。伝統的なものから独創的なものまで台湾人の美へのこだわりを感じます。 ・・・ 台湾茶についてはこちらを、茶藝館についてはこちらをご覧ください。台湾には、鳥や花などのが描かれている中国伝来の茶器もありますが、私個人としては、これらの写真のような趣のあるものが好きです。茶器の放つ光と影に「侘寂(わびさび)...

  •  0
  •  -

台湾茶

三千メートル級の山々が連なる台湾では、その起伏を利用したお茶の栽培が盛んです。全国各地に茶畑があり、高山茶、梨山茶、金壷茶、港口茶、雲頂茶、長安茶などをはじめとするさまざまな銘柄のお茶が生産されています。日本では、発酵が始まる前に茶葉を加熱する緑茶(不発酵茶)が一般的ですが、台湾では軽く発酵させた茶葉を加熱する烏龍茶(半発酵茶)が主流です。ちなみに完全に発酵させた茶葉を焙煎すると紅茶(全発酵茶)に...

  •  0
  •  -

蟬蜒禪言茶館 (1)

「蟬蜒禪言茶館」は高雄市の三民区ににある茶藝館です。中に入るとまず目に留まるのは、茶器や茶壷が並んだ大きな棚とその左右にある「書」です。その前には茶盤と椅子が並んでいて、静寂な空間を演出しています。 日本では、発酵が始まる前に茶葉を加熱する緑茶(不発酵茶)が主流ですが、台湾では軽く発酵させた茶葉を加熱する烏龍茶(半発酵茶)が主流なのです。ちなみに完全に発酵させた茶葉を加熱すると紅茶(全発酵茶)に...

  •  0
  •  -