高雄駅完成間近

今年9月に完成が予想されている台湾鐡道高雄駅周辺の路線地下化工事が順調に進んでいるようです。完成に伴って高雄駅は、地下駅となります。高雄市政府が提供している完成予想図を見ると、かなりかっこ良い駅が誕生するようです。この次高雄を訪れるのが楽しみです。

駅構内完成予想図(高雄市政府)
高雄駅完成予想02

駅周辺完成予想図(高雄市政府)
高雄駅完成予想01

なお、日本統治時代末期の1940年に建設された旧高雄駅舎は、この工事のために東へ80mの地点に移築され、現在は「高雄鉄道地下化工事資料館」として保存されていますが、新駅完成の際には、その入り口として再び活用されることが決まっています。

高雄駅

この旧駅舎の引っ越しは大変だったようで、重さ3500トンの駅舎をそのまま台車に乗せ、1日に6mづつ動かし、現在の場所に14日かけてたどりついたということなので、今度は再び新駅舎の入り口となる場所への大移動が行われることでしょう。さて、今度は何日かかるのでしょうでか?
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply