中国の嫌がらせ(孤立深める台湾)

台北中央社によれば、東アジアオリンピック委員会(EAOC)は今月24日、2019年8月に台中市で開催予定だった国際スポーツ大会、東アジアユースゲームズの中止を決定しまた。
これは、ひとつの中国を認めようとしない蔡英文政権誕生以来の中国の台湾に対する圧力の一環です。中国はこのほかに外国の航空会社に対して行先名を「台湾」から「中国台湾」へ変更するように求めたり、台湾をWHOやCOP23から締め出したり、台湾と国交を結ぶ国々に札束を知らつかせながら台湾との断行を決断させたりしています。

StopChina.jpg

我々日本人にとって、世界で一番の親日国である台湾が中国によってこのような状態に置かれていることは、誠に残念です。
中国共産党ががいくら「ひとつの中国」を叫んでも、台湾人がそれを望んでいないことは明らかです。台湾は民主国家です。
ii.png

関連記事
スポンサーサイト

Comments 3

There are no comments yet.

てきしん  

No title

本当にこのニュースが残念で、悲しくてなりませんでした。
2014年には台中開催が決まっていてそれに向けて準備していた
台湾の人の気持ちも考えてほしいですね…。
政治とスポーツの祭典をごちゃ混ぜにするのは本当に残念です…。

2018/08/15 (Wed) 00:57 | EDIT | REPLY |   

我愛台湾  

To てきしんさん

同感です。中国共産党のやりかたは残念でたまりません。

2018/08/15 (Wed) 06:19 | EDIT | REPLY |   

R  

No title

はじめまして。
私は中国に行かなくなり(Made In China製品も極力買わないようにし)、台湾には年4~5回行くようになりました。
政治家連中はともかく、われわれ日本人は中国製品を極力排除し、国内旅行以下のコストで行ける台湾には積極的に出向いて台湾を支援しなければ、いつかは巨大権力に負けてしまいます。
香港を見れば分かる通り、大陸側に吸収されればだんだん洗脳されてしまうので、言うだけではなく行動しましょう!

2018/10/13 (Sat) 00:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply