タイガーエアー台湾が仙台-台北線を増便

タイガーエア台湾(LCC)が、10月28日のから仙台-台北線を現在の週2往復から5往復に増便しました。最近、東北地方を訪れる外国人が増加の一途をたどっていますが、その4割が台湾人です。タイガーエアー台湾の今回の増便は、この増加する台湾人観光客を取り込む狙いがあると思われます。

仙台国際空港

台湾の観光メディア「楽吃購!日本」(ラーチーゴー!日本)の調査によれば、台湾人のリピーターが今最も興味のある地域は東北と四国だそうです。よ彼らは、ほかの台湾人が行っているような場所には行きたくない、その地方でしか体験できないディープな何かを体験したい、日本をもっと身近に感じたいと思っている個人旅行者(FIT)です。 ・・・ FIT(Foreign Independent Tour)
東北
仙台-台北線は、LCCのピーチ・アビエーションと台湾のエバー航空も週4往復ずつ運航しているので、タイガ―エアー台湾のこの増便によって週13往復になりました。

タイガーエアー台湾

このほかの日台航空路線情報についてはこちらへ!

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply