台湾への修学旅行

公益財団法人全国修学旅行研究協会の調査によれば、2016年度に台湾を修学旅行で訪れた日本の高校生が、10年前に比べて11倍以上の262校41878人になり、アメリカを抜いて第1位になりました。安心安全で旅費も安価な親日国台湾への修学旅行先として選択する学校の増加は当然のことのようにも思われますが、中国や韓国を選択する学校が激減していることを考えると、背後に政治的な問題が影を落としていることは否めません。中国への修学旅行は、この10年で4分の1に、韓国への修学旅行は7分の1になったそうです。

修学旅行01

そういえば日本政府の尖閣諸島国有化に伴う反日デモが相次いで、日系企業が襲撃されたのは2012年、竹島問題や慰安婦問題で日本に対する強硬な姿勢を取ったパククネ政権下で、セウォル号沈没事件が起きたのは2014年ですた。


ちなみに、日本を修学旅行先として選んだ外国の高校の校数と生徒数でも、台湾は2016年の第1位でした。日台友好を願う私としては、うれしい限りです。

修学旅行02


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply