どうなる蒋介石?

台湾の蔡英文政権は、昨年12月に1947年の2月28日(二二八事件の日)から1992年までの45年間に、国民党独裁政権が台湾民衆に対して繰り返し行った弾圧と迫害に関する資料公開、真相究明、名誉回復、保証などを目的とした「移行期正義促進条例」を可決成立させましたが、この中には権威主義の象徴と不正義な遺跡の除去という規定も含まれています。

このため台湾では「蒋介石」の銅像の撤去が進められていて、桃園市の慈湖にある彼の霊廟の前にある公園には、撤去された彼の銅像が次々と運び込まれています。

中正紀念堂にある「蒋介石」の銅像
蒋介石

この法案は、今後彼の肖像が描かれている台湾の硬貨や、彼の名前にちなんで命名された道路や学校にも影響を与えそうです。 ・・・ 台北の観光名所である「中正紀念堂」にあるこの像も移動なの?

台湾コイン

蒋介石の名前
「蒋介石」の本名は「蒋中正」で「介石」は字です。台湾には「中正」と命名された道路や学校が随所にあります。


追記:
2014年の「ひまわり運動」以後、台湾では民主化の動きが加速して過去の歴史を明らかにしようという動きが強まってきたように感じます。私も台湾を訪れた際に、「No more Chiang Kai-shek(蒋介石)now」という友人たちの発言を何度か耳にしました。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply